私の備忘録

~気楽に のんびり おだやかに~

時給千円で終わる人 時給一万円になれる人ー3倍速、4倍速の仕事術

著者:秋庭道博

発行年月日:2007年3月3日

出版社:きこ書房


目次

第1章 仕事が速い人はシンプルに考える

第2章 だれと仕事をするかで、あなたの時間は左右される

第3章 自分のリズムを確立しよう

第4章 時間リッチになれるポジティブ思考

第5章 潜在脳力を発揮すれば、時間とお金が手に入る

第6章 これまでの習慣や発想を変えよう

第7章 すべては「手順」と「集中力」

 

単位時間の仕事量が多い人、仕事にスピードがある人、すなわち、仕事ができる人は、常に次の3つのことが頭の中にあって、それを仕事の上にフィードバックさせている人だといっていいのです。

・どのような手順でするか

・どのように時間を使うか

・どのように集中力を発揮するか

(中略)

突き詰めていうなら、『時給千円で終わる人 時給一万円になれる人-3倍速、4倍速の仕事術』という本は、この3つの問題をどのように仕事の上に生かしていくかを、さまざまな角度から具体的に述べたものといっていいでしょう。

 

わたしは週5日、朝から晩まで仕事をして、土日に休むという生活を送っています。残業はしたくないので、昼休みも仕事をしていますが、忙しくなってきて残業も増えてきました。もっと仕事の能率をあげたいと考えていたとき、この本に出会いました。


この本はタイトルに「時給一万円になれる人」とありますが、内容としては3倍速、4倍速の仕事術が具体的に書かれています。


特に印象に残ったところは

これからの時代は、遅くまで頑張らなくてもちゃんと仕事ができる人になることです。そして、仕事の成果を上げると同時に、自分自身が自由に使える時間も、できるだけ多く生み出していくのです。それが、これから先、豊かな生活、豊かな人生を過ごすにあたっての必要条件といっていいのです。(P147)


まさにわたしが理想としている働き方です。これを達成するために「仕事ができる人」の仕事術を身につけたいと思いました。


この本には数多くの具体的な仕事術が書かれているので、すべてを実践するのは大変かもしれませんが、できることからやってみるのもいいかもしれません。