私の備忘録

~気楽に のんびり おだやかに~

会社人生を後悔しない40代からの仕事術

著者:石山恒貴・パーソル総合研究所

発行年月日:2018年12月19日

出版社:ダイヤモンド社


目次

第0章  ミドル・シニアの憂鬱

第1章 まずやってみる

第2章 仕事を意味づける

第3章 年下とうまくやる

第4章 居場所をつくる

第5章 学びを活かす

第6章 「リアル」を見通す

 

私たちは、「これらの仕事術を駆使して“生産性”の高い人材になろう!」などとみなさんを駆り立てるつもりはありません。

本書が目指したのは、「40代からの停滞感」を払拭し、残りの会社生活を後悔のないものに変えるためのヒントです。

また、これらの処方箋は、「定年後」にすら前向きな効果が期待できることが、今回の分析データからは見えています。

「ミドル・シニアの憂鬱」を脱却するための方法論は、まさに「一生もの」の資産になるのです。(プロローグ)

 

わたしは40代のサラリーマンです。今後もサラリーマンとして生きていくのか、起業するのか分かりませんが、現在はサラリーマンなので参考になると思い、この本を手に取りました。

 

この本には、40代以降のいわゆる「ミドル・シニア世代」における仕事との向き合い方が書かれています。仕事に対する停滞感は人それぞれ違うので、当てはまる人、当てはまらない人はいるかもしれません。読者によって感じ方は違うかもしれない、とわたしは感じました。

 

P67に「PEDAL行動診断」というものがあります。わたしもやってみましたが、「居場所をつくる」が弱いという結果でした。第1章から第5章は、この「PEDAL行動診断」の5項目について詳しく書かれていますので、ぜひ「PEDAL行動診断」をやってみてください。

 

この本は、サラリーマンとして後悔しない生き方をするための本です。