お金と時間の悩みが消えてなくなる最高の時短

著者:米山彩香

発行年月日:2018年7月27日

出版社:KADOKAWA

 

  • 目次

第1章 最高の目標設定

第2章 「努力しない」勇気

第3章 「先を読む力」を鍛える

第4章 「1週間に14時間」だけ働く

第5章 誰からも時間を奪われてはいけない

第6章 思考から感性の時代へ

 

  • 内容

毎朝、朝から深夜まで仕事をこなし、休日も資格の勉強などで、自分の時間がない。

                 ↓

平日の昼過ぎにカフェでのんびりしたり、朝は好きな時間に起きて自由な毎日。


わずらわしい人間関係や、人と比較されることも多く、ストレスがたまってしんどい。

                 ↓

気が合う人とだけ付き合う生活で、好きなことで生きているのでストレスフリー。


「やりたいこと」や「人生の目標」も見つからない。ただ周りに流されるだけの日常。

                 ↓

好きなときに、お金の心配をせず、好きな国に旅に行ける生活を満喫中。


自分でお金を稼ぐ方法もわからず、会社収入に頼らなければ生きていけない。

                 ↓

1日2時間だけ働き、月収1000万を達成。

 

これらは実際に私の身に起きた「ビフォアー・アフター」です。もっと簡単にいえば、この本に書かれている「お金と時間の悩みが消えてなくなる最高の時短」と出会う前と、出会った後の私の変化になります。

(はじめに)

 

  • レビュー

「あなたはどのように生きていきたいですか?」

この本は、生き方をゴールとした目標設定と、仕事の時短術について書かれています。

「どのように生きたいか?」という大きな目標を設定して、大きな目標を達成するための小さな目標を設定します。自分が自由に使える時間を作るため、仕事の時間を短くする仕事術です。

  1. やらなくていいことはやらない
  2. 苦手を克服するには時間と労力がいる
  3. 苦手なことを回避するコツは、代用、代理、得意な人に任せる
  4. 苦しくてつらいこと、楽しくないことをいくらやっても時間のムダ
  5. 「なぜ?」の深掘り、最低7回、物事の本質が見えてくる
  6. 時短を心がける理由は定時で帰るため
  7. 日々の情報収集
  8. 感性を磨く、アンテナを張る
  9. 人に伝えることを前提にして、情報をインプットする
  10. 先読みで準備する

この本には「1日実働2時間で月収1000万稼ぐ」というサブタイトル(?)があります。かなり極端なタイトルですが、ぜひ真似してみたい仕事の時短術がたくさんありました。

 

わたしの目標は「仕事ができて、定時で帰るサラリーマン」。