私の備忘録

~気楽に のんびり おだやかに~

TFブレイクアウト明確なルール&明快な売買

著者:トウキョウフォックス

発行年月日:2003年3月3日

出版社:パンローリング株式会社

 

目次

第1章 TFブレイクアウトについて

第2章 TFブレイクアウトの取引方法

第3章 為替の取引

第4章 株式の取引

第5章 株価指数先物(日経225)の取引

第6章 商品先物の取引

第7章 リスクマネジメント

 

著者

トウキョウフォックス

外為ブローカー、外資系銀行、証券会社勤務などを経て、現在はトレーディングコンサルタント、ファイナンシャルコーチを行っている。

 

TFブレイクアウトの特徴は、明確で勝率の高いエントリーポイント、明確なロスカットポイント、非常に精度の高い利食い目標値、そしてポジションを管理するマネーマネジメントを兼ね備えていることです。(P11)

 

レビュー

この本で紹介されているトレード手法は、著者が研究して発見した法則「TFブレイクアウト」です。機械的に投資するシステムトレードの手法について紹介されています。

 

トレンドの定義

・上げトレンドとは、高値を更新して、安値が切り上がった状態。

・下げトレンドとは、安値を更新して、高値が切り下がった状態。

 

押目と戻り高値の定義

・押目とは、上げトレンドにできる安値で、直近の高値とその前の高値の間にある安値をいう。ただし、直近の高値は、その前の高値よりも高くなければならない。その前の高値をつけたバー(ローソク足)の安値を下に抜けている。

・戻り高値とは、下げトレンドにできる高値で、直近の安値とその前の安値と間にある高値をいう。ただし、直近の安値はその前の安値よりも安くなければならない。その前の安値をつけたバー(ローソク足)の高値を上に抜けている。

 

トレンド転換

・下げトレンドから上げトレンドへの転換とは、⑴戻り高値を上に抜け、⑵押目を形成した時点。⑴→⑵の順番が大事。

・上げトレンドから下げトレンドへの転換とは、⑴押目を下に抜け、⑵戻り高値を形成した時点。⑴→⑵の順番が大事。

 

ブレイクアウトポイント(エントリーポイント)

・トレンドが転換したとき

 

2つの損切り方法

・トレンドの転換

・トレイリング・ストップ(上げトレンドの場合、直近の最安値が損切りポイントとなり、高値を更新するごとに損切りポイントを上げていく)

 

3つの利食い方法

・トレンド転換とトレイリング・ストップ

・目標値(リスクの値幅分)  リスク=買値-損切り値、買値1000、損切り値900、利食い1100

・上記の2つを組み合わせ

 

わたしは現物の株式投資をしているので、いつも買いから入ります。それを前提にすると、

・買うタイミングは、下げトレンドから上げトレンドに転換したとき

損切りポイントは、直近の最安値(2つ前の安値)

利食いポイントは、トレイリング・ストップ(2つ前の安値)