99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ

◆基本情報 

タイトル:99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ

著者:河野英太郎

1973年岐阜県生まれ。

主な著書「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」ビジネス書大賞2013書店賞

発行年月日:2013年6月15日

出版社:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

◆要約 

リーダーシップには、ちょっとした「コツ」が存在します。(中略)この「コツ」さえつかめれば、リーダーになることはそれほど難しいことではないのです。

(はじめにより引用)

 

◆この本を読む目的 

わたしは人の上に立つタイプの人間ではありませんが、仕事を続けていけば、いずれ人の上に立たなければならない時がくるかもしれません。その時に備えて、今のうちに勉強しようと思い、この本を手に取りました。著者が「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」を書いた河野英太郎さんであることも、この本を手に取った理由のひとつです。

 

◆「99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ」を一言でいうと

 コツさえつかめれば、誰でもリーダーになれる

 

◆ポイント

 この本では、リーダーとマネジャーを区別して、リーダーに着目して書かれています。

 リーダーとは、変化を見極め組織の向かうべきビジョンを掲げ、関係者を動機づけ、ビジョンに向かわせる人。

マネジャーとは、決められた目標に向けて組織を管理し、目標を達成させる人。

リーダーはあくまで役割ですので、メンバーより能力が上である必要はありません。ちょっとしたコツを知っていれば、誰でもリーダーになれます。

この本では全部で82のリーダーのコツが紹介されています。一部を紹介しましょう。

・「自分がトップ」のチームにしない

自分がすべてにおいて上に立つのではなく、自分より優れた人に働きやすい環境を提供することがリーダーの仕事です。

・積極的にお願いしていい

チームのメンバーに指示命令するのではなく、お願いをします。「~をお願いできますか」「~は可能ですか」。

・箸の上げ下ろしまで口出ししない

仕事をお願いするときは、目的やゴール、期限などを伝えて、作業のやり方そのものは、聞かれるまで答えないようにします。

・手がらは必ずメンバーに渡す

手がらはメンバーのもの、失敗はリーダーの責任。

・とにかく決める

メンバーの意見を聞くことは大切ですが、最後に決めるのはリーダーの仕事です。

・キーワードを浸透させる

目的、社長の言葉、経営理念、行動指針などキーワードを自分の言葉として意識して行動し、メンバーに浸透させると、みんなが同じ方向を向いて一体感が生まれます。

ほかにも、メンバー選びのコツ、仕事の依頼のコツ、メンバー評価のコツ、トラブル対処のコツ、チームを前進させるコツ、モチベーションを高めるコツ、人を育てるコツ、 自分を整えるコツなど書かれています。

 

◆終わりに

私はこれまで中小企業で働き、一人で全部こなしてきました。リーダーになったことがないため、この本に書かれているコツが効果あるかわかりません。

長く働いていれば、いずれリーダーという立場で仕事をする機会があるかもしれません。その時に備えて、今のうちから勉強しようと思います。