私の備忘録

~気楽に のんびり おだやかに~

7つの習慣

基本情報 

タイトル:7つの習慣

著者:スティーブン・R・コヴィー

発行年月日:1996年12月25日

出版社:キング・ベアー出版

 

要約

 「7つの習慣」を勉強することで、あなたは次の結果を期待することができるだろう。

  • 真のリーダーになり、マネジメントの本質を知る。
  • 人生における明確な目的と方向性を持つようになる。深いコミュニケーションをとる方法を知ることで、周りの人たちとの充実した人間関係をつくる。
  • 忘れていた人間本来の暖かさを取り戻し、本当の喜びを生活の中で味わえるようになる。
  • 他人との協力を通じて、無限の資源を活用する方法を知る。
  • 家族などの大切な人間関係を築き直す鍵を学ぶ。

(そでより引用)

 

この本を読む目的

仕事をしている者にとって一度は読んでおきたい本だと思って手に取りました。 

 

7つの習慣」を一言でいうと

 人生で成功するために必要な7つの習慣

 

ポイント

人生で成功したい!!

 

人生で成功したい、と思っている方へ。

 全世界で4000万部突破のベストセラー「7つの習慣」。この本は上辺だけのコツを学ぶのではなく、自分の内面から変えていく、いわば人格を作るための本だと感じました。

7つの習慣を紹介します。

第一の習慣・・・主体性を発揮する(自己責任の原則)

誰かに言われて仕方なくやったとしても、最終的にやるかどうか決めたのは自分。他人のせいにしないで、自分の行動に責任を持ちましょう。

第二の習慣・・・目的を持って始める(自己リーダーシップの原則)

人生最後の姿をイメージして今日という一日を始めること。そうすれば、自分にとって何が本当に大切なのかをベースに行動することができます。つまり、自分の人生の目的を明確にすることが大切です。

第三の習慣・・・重要事項を優先する(自己管理の原則)

目的を達成するために行動しましょう。時間に追われて、重要ではないが緊急なことを優先せず、緊急ではないが重要なことを優先して行動しましょう。

第四の習慣・・・Win-Winを考える(人間関係におけるリーダーシップの原則)

言葉のとおり、説明はいらないでしょう。

第五の習慣・・・理解してから理解される(感情移入のコミュニケーションの原則)

まずは相手を理解するように努めて、その後に自分を理解してもらうようにする。話を聞いているとき、次何を話そうか考えていませんか。相談されているとき、答えを考えていませんか。話を聞くときは、心の底から理解するつもりで聞くことが大切です。

第六の習慣・・・相乗効果を発揮する(創造的な協力の原則)

意見が異なる場合、妥協点を見つけるのではなく、1+1が3にも4にもなるような第三の案を考えましょう。

第七の習慣・・・刃を研ぐ(バランスのとれた自己再新再生の原則)

包丁の刃を研いで切れ味が増すように、本を読んだり、運動したり、ストレス解消したり、人とコミュニケーションをとったりして自分磨きをしましょう。

人生で成功したい!!と思っている方はこちらへ 

 

終わりに

 現在、「7つの習慣」「完訳 7つの習慣」「まんがでわかる7つの習慣」「まんがと図解でわかる7つの習慣」など様々なものが発行されています。このブログで紹介している「7つの習慣」は500ページ近くあります。私は最初に「まんがでわかる7つの習慣」を読んでから「7つの習慣」を読みました。自分に合ったものから読んでみるといいかもしれません。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。