私の備忘録

~気楽に のんびり おだやかに~

話を聞かない男、地図が読めない女

基本情報 

タイトル:話を聞かない男、地図が読めない女

著者:アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ、藤井留美訳 

発行年月日:2002年11月1日

出版社:株式会社主婦の友社

 

要約

 男と女の関係を客観的に眺めて、これまでの歴史と、それがどんな意味や重要性を持っていたかを説明し、もっと幸福で充実した人生を実現すること、それがこの本の目的である。(中略)この本で挙げた証拠は、男女は生まれつき異なる行動を「しがち」だということにすぎない。男女のどちらかが、かならず特定の行動を取る、あるいは取るべきだと決めつけるつもりは毛頭ない。

(P28より引用)

 

この本を読む目的

  家でも職場でも女性はよくおしゃべりをしているが、それはなぜか?相手の行動が理解できない。

 

「話を聞かない男、地図が読めない女」を一言でいうと

 男と女は生まれつき違う、という事実を理解する

 

ポイント

相手の行動が理解できない方へ!! 

「なぜ女性はおしゃべりなのか??」

女性は1日平均2万回言葉を発します。一方、男性は1日平均7000回程度。女性の脳では左脳と右脳の両方を使っているから話がうまいし、話すのが楽しいからたくさんしゃべります。しゃべりながら同時にいろんなことを行うこともできてしまいます。 

たとえば、こんなシチュエーションが想像できます。夫が仕事から帰ってくると、妻はひたすらしゃべり続けます。それは、昼間にほとんどおしゃべりをしておらず、2万回言葉を発してないからです。妻がひたすらしゃべるのは、結論や解決策を求めているのではなく、ただ単に言葉を発したいだけなのです。では、こんなとき男性はどうすればよいのでしょうか。それは、ただ聞くだけです。女性がしゃべり終えるまで、ただじっと聞いているだけでよいのです。

男性は女性の行動が理解できないこともあるでしょう。女性も男性の行動が理解できないことがあるでしょう。女性と男性は生まれつき異なる行動をしがちなのです。これを知っているだけで、ムダな摩擦や衝突は避けられるかもしれません。 

  相手の行動が理解できない方!!はこちらへ

終わりに

この本には、自分が男脳か女脳か調べるテストが掲載されていますので、興味がある方は調べてみてください。ちなみに私は「5点」、典型的な男脳でした。こういう人は、「論理的で分析力に優れ、言葉を厳密にとらえ、几帳面で、ものごとを整然と処理する。感情にまどわされず、統計データをもとにコストや結果を正確に予測することができる。」だそうです。なるほど・・・。

 

 ※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。