年収90万円でハッピーライフ

基本情報

タイトル:年収90万円でハッピーライフ

著者:大原扁理

主な著書「20代で隠居ー週休5日の快適生活」など。

発行年月日:2019年7月10日

出版社:株式会社筑摩書房

 

要約

みなさんどうもはじめまして。大原扁理と申します。人はあまりわたしのことを知りません。なぜかというと、「隠居」しているからです。わたしは20代で世を諦め、あんまり働かなくなり、いまやほとんど人と関わってないんです。いいえ、ITや株で儲けてアーリーリタイアとかいう、経済的に恵まれた話ではありません。宝くじも当選してなければ、親の遺産もない。でも、ちゃんと生きてます。(はじめにより引用)

 

この本を読む目的

サラリーマン人生に疲れた。生きづらい世の中に疲れた。

 

「年収90万円でハッピーライフ」を一言でいうと

嫌なことから逃げ続けても、工夫すれば生きていける

 

ポイント

今の世の中が生きづらいと思っている方へ!!

著者の大原扁理さんは、週2日だけ仕事をして、年収90万円でのんびり暮らしています。仕事は「必要なだけ働けば満足派の人」で、物欲を減らし、工夫して生活し、必要なものだけを買う。必要最低限のお金がわかれば、週何日働けばいいか逆算できますので、大原扁理さんは週2日だけ働けばよいことになりました。最初からこういう生活をしたかったわけではなく、嫌なことは拒否して、快適なものを選んだ結果、こういう生活になりました。これが、大原扁理さんにとって幸せな生き方だったのです。

 どうすれば自分が幸せになれるのでしょうか?

 まず、「自分にとって幸せな人生とはどういうものか?」自問自答することです。「自分が本当に好きなことは何か?」「どういう暮らしが幸せと思えるのか?」とことん自分と向き合いましょう。

決して、「好きなことで生きていく」のではなく、「嫌なことで死なない」ことが大切です。やりたくないことを消去して、残った選択肢から、これくらいならできるかも、と思えるものを選んでいきましょう。

友達は無理に作る必要はありません。こんな自分でも受け入れてくれる人とだけ友達になればよいのです。

 自分が幸せになると精神的に余裕ができて、街で困っている人がいたら手を差し伸べるようになります。募金もするようになります。

 自分が選んだ生き方が正しいとか、間違っているとか、まわりがどう思うかなどは関係ありません。「自分は自分」と思って、楽な気持ちで生きていきましょう。

今の世の中が生きづらいと思っている方!!はこちらへ

終わりに

私は人とコミュニケーションをとるのが大の苦手で、ひとりでいるのが大好きな人間です。できることならサラリーマンはやめて、ひとりでのんびり暮らしたいと思っています。この本は、そんな私にぴったりの本だと思いました。嫌なことから逃げても生きていけるのだと思いました。まわりからは変な目で見られるかもしれませんが、「私は私」と思って、ムダに反応しないこと。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。