すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法

基本情報 

タイトル:すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法

著者:浅田すぐる

   トヨタ自動車に入社後、独立。現在は1枚ワークス株式会社代表取締役

   主な著書「トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術」など。

発行年月日:2018年11月21日

出版社:SBクリエイティブ株式会社

 

要約

本書があなたに手渡す学習法は、なんと、「紙1枚」書くだけで実践が可能です。

にもかかわらず、 あなたの学びが、たった「20字」にまとまる。

学びを、わずか「ポイント3つ」でわかりやすく説明できる。

同僚やお客様の役に立ち、「周囲から喜ばれる存在」になれる。

といった様々なメリットを、その手につかむことができます。

仕事に活かせる「紙1枚」学習法。名づけて、1シート・ラーニング・システム

その全貌を、本書で初公開します。

(6ページより引用)

 

この本を読む目的

本の内容を要約したい。本の内容を第三者に分かりやすく伝えたい。

 

「すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法」を一言でいうと

20字にまとめて、第三者に説明できるようになる

 

ポイント

「それってどんな本?」

誰かに読んでいる本の内容を聞かれたら、あなたは答えられますか?

この「すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法」を読むと、20字で簡潔に説明できるようになります。

1.本を読むときは目的を明確にすること

なぜ、この本を読もうと思ったのか、何を知りたいのか、目的を明確にします。読む目的を明確にすることで、目的達成に役立ちそうな情報だけをピックアップして、それ以外の情報は捨てます。本に書かれている内容をすべて覚える必要はありません。

2.思考を整理する

本を読みながら、または、読み終わった後、目的達成に役立ちそうなキーワードを書き出していきます。

3.端的に要約する

書き出したキーワードを整理して、考えをまとめます。文字数は20字前後。俳句は五七五の17文字、20字あれば伝えたい内容は表現できます。

「それってどんな本?」

本の内容を簡潔に説明できるようになりたい人!!はこちらでご確認ください。

 

終わりに

本を読むことは自分にとって大切なことだと思っていますが、読むこと自体が目的となってしまい、本の内容が頭に入っていませんでした。アウトプット本はたくさんありますが、本の内容を要約する方法はとても勉強になりました。この本に書かれている方法は、読書に限らず、受講したセミナー、会議の内容を要約するときにも効果的だと思います。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。