若者ワクチン接種センターに行列

東京都が渋谷に設置した「東京都若者ワクチン接種センター 東京都福祉保健局 (tokyo.lg.jp)」で大行列ができたというニュースがありました。あの映像を見て、昨年マスクを買いに朝から行列ができた記憶がよみがえってきました。

トイレットペーパー不足で行列ができたり、マスク不足で行列ができたり。そして、ワクチン不足で行列ができたり。

なぜ、行列ができるのでしょうか?

これから述べることは個人的な見解ですので、間違っている可能性があることをご了承ください。

私は昨年、マスクを買うために朝早く起きて店の前に並びました。マスクがないと外出できず、仕事もできないからです。在庫が豊富ならわざわざ並ぶ必要はありませんが、数に限りがあるため、確実に手に入れるために並びました。

私は並びませんでしたが、とある店でトイレットペーパーを買うために行列ができていました。私の場合は家に在庫があり、すぐに必要ではなかったため行列には並びませんでした。

行列ができるには「必要性」と「在庫不足」が関係しているのでしょうか。物が必要で、数に限りがあるから、行列ができる。物が必要でも、数が豊富にあれば、行列はできない。物が必要なければ、数に限りがあっても、行列はできない。

人間の心理はおもしろい。