私の備忘録

~気楽に のんびり おだやかに~

極上の孤独

基本情報

タイトル:極上の孤独

著者:下重暁子

NHKに入局。フリー後、民放キャスターを経て、文筆活動に入る。

主な著書「家族という病」「家族という病2」など。

発行年月日:2018年3月30日

出版社:株式会社幻冬舎

 

要約

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。(カバーより引用)

 

この本を読む目的

孤独に生きたい。孤独は良くないことなのか知りたい。

 

「極上の孤独」を一言でいうと

孤独とは自分と向き合い、自分という人間を知る大切な時間

 

ポイント

一人で生きていきたいと思っている方へ!!

「孤独」に良いイメージを持っている人は少ないかもしれません。本当はみんなと仲良くしたいのに一人でいる、孤独はさみしい人、と感じる人もいると思います。

著者の下重暁子さんは本書でこう書いています。

「孤独」は、自分の心の声に耳を傾ける時間、自分が何を考えているのか、本当は何を求めているのか。自分の本音と向き合い、あれこれ考えるからこそ、人間は成長できる、と。一人の時間はとても大切な時間です。

一方で、「孤独」は大変な面もあります。すべて自分で考え、自分で選び、自分で決めなければなりません。すべてのことに全責任があり、誰も助けてくれません。一人で生きていく覚悟が必要です。

最近のドラマで「孤独のグルメ」や「ソロ活女子」など一人をテーマにしたものもあります。「孤独」でも人生を豊かにすることはできます。

一人で生きていきたいと思っている方!!はこちらからご確認ください。

 

終わりに

私は無口なタイプの人間で、まわりにとけこめず、なかなか輪の中に入れません。大勢といると息苦しく、一人になるとホッとします。この本を読んで、あらためて「孤独」は人生にとって大事な時間で、私にとって「孤独」に生きることは贅沢な人生だと思いました。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。