メンタリズム 人の心を自由に操る技術

基本情報

タイトル:メンタリズム 人の心を自由に操る技術

著者:メンタリストDaiGo

発行年月日:2013年9月1日

出版社:株式会社扶桑社

 

要約

本書では、パフォーマンスで使用するメンタリズムを紐解き、基礎編と応用編に分けて紹介しています。基礎編ではメンタリズムの解説および、ベーシックな知識とテクニックを。ビジネスと恋愛に的を絞った応用編では、その場の状況や相手の心を非常に巧妙で繊細なアプローチで操作する、より具体的な手法を盛り込んで解説しています。(はじめにより引用)

 

この本を読む目的

相手が何を考えているのか、相手の気持ちを知りたい。

 

「メンタリズム 人の心を自由に操る技術」を一言でいうと

メンタリズムの基礎は「観察」と「操作」

 

ポイント

相手が何を考えているか知りたい方へ!!

この本はメンタリストDaiGoさんが使用している技術を紹介しています。

まず、メンタリズムとは何でしょうか?

メンタリズムとは、心理学、運動力学、催眠療法で使うような催眠、暗示、筋肉の動きで相手の心を読む読筋術、観察眼、話法などさまざまなものを織り交ぜたものです。人間は右耳から入ってきた情報のほうが納得しやすかったり、目から入ってくる情報は左から右へ流れるほうが理解しやすいなど人間の特性を頭に入れて相手を操作するテクニックです。

次に、メンタリズムの基礎は「観察」と「操作」です。

「観察」

メンタリズムでいう「観察」とは、相手の容姿を見るだけではありません。口元やしぐさ、体の動きなどを見ることも含まれます。相手の反応や答えをすべて拾って、相手の心を読み解いていきます。これを身につけると、相手が自分の話に興味があるのかどうか見極めることができるようになり、営業などビジネスでも使えます。相手が嘘をついているかどうか見抜くこともできるようになります。

「操作」

メンタリズムでいう「操作」とは、暗示のことです。相手が「自分で決めて選んだ」と思っても、実は相手に暗示をかけて、こちらの思い通りに選ばせていたのです。こちらの言葉やしぐさで相手を操作することができるようになります。

具体的なテクニックは本書を読んで確認していただきたいのですが、テクニックを身につけるためのエクササイズも掲載されています。観察力を鍛えるエクササイズや相手に狙い通りの物を選ばせるエクササイズなど面白い内容となっています。

相手が何を考えているか知りたい方!!はこちらからご確認ください。

 

終わりに

本書を読んでいて、「へえー」と思うところがたくさんありました。実際に相手を操作できるまでのテクニックを身につけられるかどうかは自分次第です。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。