自民党新総裁に岸田文雄氏

自民党総裁選が行われ、岸田文雄氏が新しい総裁に選ばれました。1回目の投票で有効投票総数762票の過半数を超える候補者がいなかったため、上位2名(岸田氏と河野氏)による決選投票となり、岸田氏が新しい総裁に選ばれました。

 

1回目投票

1位 岸田文雄 256票(議員票146、党員票110)

2位 河野太郎 255票(議員票86、党員票169)

3位 高市早苗 188票(議員票114、党員票74)

4位 野田聖子 63票(議員票34、党員票29)

 

上位2名による決選投票

1位 岸田文雄 257票(議員票249、都道府県票8)

2位 河野太郎 170票(議員票131、都道府県票39)

 

議員票だけを見ると、1位岸田氏146、2位高市氏114、3位河野氏86、4位野田氏34。

党員票だけを見ると、1位河野氏169、2位岸田氏110、3位高市氏74、4位野田氏29。

岸田氏は決選投票で議員票を103増やしており、高市氏と野田氏の議員票148のうち70%を獲得したことになります。

一方、河野氏は決選投票で都道府県票47のうち39を獲得しましたが、決選投票では党員票の持票が382から47に減ってしまったため、河野氏にとっては苦しくなってしまいました。もし、決選投票でも党員票の持票が382あったらどういう結果になっていたのでしょうか。

自民党の総裁選2021特設サイトがありますので、ご興味のある方はご確認ください。都道府県別の投票数なども掲載されています。

https://www.jimin.jp/election/sousai21/

 

www.jimin.jp