副反応と副作用の違い

先日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けてきました。まだ1回目なので明らかな副反応はありませんでしたが、素朴な疑問がありました。ニュースなどでもそうですが、「副作用」ではなく「副反応」と言っています。「副反応」と「副作用」の違いは何でしょうか?

日本小児科学会によると、

  • 副作用とは、病気の治療に使う薬の主な作用を主作用といい、それとは別の作用を副作用といいます。一般的には薬によって有害な作用が起こったときに使われる言葉です。
  • 副反応とは、ワクチン接種により免疫ができることを主作用といい、それ以外の作用を副反応といいます。

薬によるものか、ワクチンによるものかで用語を分けているようです。

出典:公益社団法人日本小児科学会「04副反応と有害事象 (jpeds.or.jp)