オミクロン株で株価下落 買い時か

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が世界各地で感染が確認され、日経平均が下がっています。これは買い時なのでしょうか。

日経平均の動きを確認してみます。2020年1月に23,000円だった日経平均は、コロナにより2020年3月に16,500円まで下落しました。その後、2020年10月に23,000円まで回復し、2021年2月には30,000円まで上昇しました。

コロナにより経済が停滞して株価も下落しましたが、ワクチン普及による経済回復で株価も回復しました。2020年3月の株価下落時に株を買っておけばよかったと後悔していました。そんな矢先、オミクロン株により再び経済が停止する可能性があり、株価急落。まだ直近高値の29,000円から1,000円程度しか下落してないので、さらに下がる可能性はありますが、ワクチンや飲み薬などが開発されれば、経済も元に戻ると個人的には思っていますので、買い損ねた銘柄は買ってみたいと思っています。

 

※あくまでも個人的な感想です。