私の備忘録

~気楽に のんびり おだやかに~

配当金と税金

配当金生活を夢見ていますが、配当控除について調べてみました。

配当金を受け取るときに、源泉徴収で約20%の税金が差し引かれます。内訳は所得税15%、住民税5%。計算を簡単にするため、復興特別所得税0.315%は考慮しません。配当控除とは、源泉徴収された税金を確定申告で返してもらう制度です。

前提条件・・・収入は配当金100万円のみで、ほかの収入はないと仮定。

1.確定申告しない場合

配当金100万円×税率15%=所得税15万円

2.総合課税で確定申告して、配当控除を受ける場合

配当金100万円×税率5%=所得税5万円(課税される所得金額が195万円未満の場合、税率は5%)

配当金100万円×配当控除10%=配当控除10万円

所得税より配当控除が大きいので、所得税は0円になります。配当金を受け取るときに、所得税15%が源泉徴収されているので、その分が返ってきます。

総合課税の場合、課税される所得金額が195万円未満の場合、税率は5%。課税される所得金額が330万円未満の場合、税率は10%。つまり、配当控除は10%なので、配当金が330万円未満なら、所得税は0円になります。

No.1250 配当所得があるとき(配当控除)|国税庁 (nta.go.jp)

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁 (nta.go.jp)

 

これってほんとうでしょうか?自分で調べていて、合っているか自信がなくなってきました。もし、配当金と税金について興味がありましたら、ご自身で調べることをお勧めします。

 

※あくまでも個人的に調べた内容です。