私の備忘録

~気楽に のんびり おだやかに~

配当金生活 税制改正でピンチ?

配当金のみで生活することを夢見ている私ですが、税制改正でピンチかもしれません。

通常、配当金を受け取ると、所得税等(15.315%)、住民税(5%)が源泉徴収されますが、確定申告して住民税申告不要とすることで節税できます。

例:収入が配当金100万円だけの場合

(1)源泉徴収所得税15.315%、住民税5%)

 所得税153,150円、住民税50,000円

 確定申告をしない場合、国民健康保険の計算対象に含まれない

(2)確定申告(所得税0%、住民税10%)

 所得税0円、住民税100,000円

 確定申告をする場合、国民健康保険の計算対象に含まれる

(3)確定申告&住民税申告不要(所得税0%、住民税5%)

 所得税0円、住民税50,000円

 確定申告しても住民税申告不要により、国民健康保険の計算対象に含まれない

(3)を選択することで節税できましたが、令和4年度の税制改正により、(3)が選択できなくなります。

配当金生活を夢見ている私は、配当金から5%税金が引かれるだけと思って人生設計を考えてきましたが、(3)の方法が使えなくなると、手取りが減ってしまうので配当金生活が厳しくなります。やはり、働かないといけないのでしょうか?

 

※あくまでも個人的な感想です。私は専門家ではないので、解釈が間違っているかもしれません。詳しいことはご自身で調べることをおすすめいたします。