年収90万円でハッピーライフ

基本情報

タイトル:年収90万円でハッピーライフ

著者:大原扁理

主な著書「20代で隠居ー週休5日の快適生活」など。

発行年月日:2019年7月10日

出版社:株式会社筑摩書房

 

要約

みなさんどうもはじめまして。大原扁理と申します。人はあまりわたしのことを知りません。なぜかというと、「隠居」しているからです。わたしは20代で世を諦め、あんまり働かなくなり、いまやほとんど人と関わってないんです。いいえ、ITや株で儲けてアーリーリタイアとかいう、経済的に恵まれた話ではありません。宝くじも当選してなければ、親の遺産もない。でも、ちゃんと生きてます。(はじめにより引用)

 

この本を読む目的

サラリーマン人生に疲れた。生きづらい世の中に疲れた。

 

「年収90万円でハッピーライフ」を一言でいうと

嫌なことから逃げ続けても、工夫すれば生きていける

 

ポイント

今の世の中が生きづらいと思っている方へ!!

著者の大原扁理さんは、週2日だけ仕事をして、年収90万円でのんびり暮らしています。仕事は「必要なだけ働けば満足派の人」で、物欲を減らし、工夫して生活し、必要なものだけを買う。必要最低限のお金がわかれば、週何日働けばいいか逆算できますので、大原扁理さんは週2日だけ働けばよいことになりました。最初からこういう生活をしたかったわけではなく、嫌なことは拒否して、快適なものを選んだ結果、こういう生活になりました。これが、大原扁理さんにとって幸せな生き方だったのです。

 どうすれば自分が幸せになれるのでしょうか?

 まず、「自分にとって幸せな人生とはどういうものか?」自問自答することです。「自分が本当に好きなことは何か?」「どういう暮らしが幸せと思えるのか?」とことん自分と向き合いましょう。

決して、「好きなことで生きていく」のではなく、「嫌なことで死なない」ことが大切です。やりたくないことを消去して、残った選択肢から、これくらいならできるかも、と思えるものを選んでいきましょう。

友達は無理に作る必要はありません。こんな自分でも受け入れてくれる人とだけ友達になればよいのです。

 自分が幸せになると精神的に余裕ができて、街で困っている人がいたら手を差し伸べるようになります。募金もするようになります。

 自分が選んだ生き方が正しいとか、間違っているとか、まわりがどう思うかなどは関係ありません。「自分は自分」と思って、楽な気持ちで生きていきましょう。

今の世の中が生きづらいと思っている方!!はこちらへ

終わりに

私は人とコミュニケーションをとるのが大の苦手で、ひとりでいるのが大好きな人間です。できることならサラリーマンはやめて、ひとりでのんびり暮らしたいと思っています。この本は、そんな私にぴったりの本だと思いました。嫌なことから逃げても生きていけるのだと思いました。まわりからは変な目で見られるかもしれませんが、「私は私」と思って、ムダに反応しないこと。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。

反応しない練習

基本情報

タイトル:反応しない練習

著者:草薙龍瞬(くさなぎりゅうしゅん)

僧侶。1969年奈良県生まれ。中学中退。大検(高認)を経て東大法学部卒業。

主な著書「これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活」など。

発行年月日:2015年7月27日

出版社:株式会社KADOKAWA

 

要約

生きていると、いろんなことがあります。「人生、ラクではないな」と実感することも、一度や二度ではないはずです。でも、そんな日頃の思いを上手に乗り越えていける「方法」があります。実は、すべての悩みは”たった一つのこと”から始まっています。そこさえわかれば、あとは「正しく考える」ことで、どんな悩みも必ず解消できる――それが、この本があなたに一番伝えたいことです。

(はじめにより引用)

 

 

この本を読む目的

まわりの目が気になる、他人が自分のことをどう思っているのか気になる

 

「反応しない練習」を一言でいうと

悩みから解放されるには、ムダな反応をしないこと

 

ポイント

まわりの反応に苦しんでいる方へ!!

すべての悩みは「心の反応」から始まります。 怒り、イライラ、焦り、緊張、不安、不満、嫉妬。これらはすべて「心の反応」です。人の目が気になる、人間関係がうまくいかない、将来が不安。これらもすべて「心の反応」です。

そもそも、人はなぜ反応してしまうのでしょうか。人にはもともと「求める心」があるからです。1.生きたい(生存欲)2.眠りたい(睡眠欲)3.食べたい(食欲)4.交わりたい(性欲)5.楽をしたい(怠惰欲)6.快楽を味わいたい(感楽欲)7.認められたい(承認欲)。心は求め続けるもの、心とはそういうものなのです。

悩みを解消する方法はあるのでしょうか。それは、「ムダな反応をしない」ことです。無視・無関心ではありません。あくまでも「ムダ」な反応をしないことです。

では、「ムダな反応をしない」ためにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、心の状態を理解することです。「今、私は腹が立っている」「今、私は不安に思っている」「今、私は緊張している」。自分の心がどういう状態か客観的に見るだけでも心が落ち着きます。

次に、合理的に考えることです。

人間関係に悩んでいたら、「相手の反応は相手にゆだねる」ことです。自分と相手は生まれも育ちも違うのだから、自分と同じ考えのはずがない、と理解することで気持ちは楽になります。

他人の目が気になる人は、「自分のモノゴトに集中する」ことです。目を閉じて、外の世界を見ずに、自分の心の状態を理解します。心が落ち着いたら、自分のやるべきことに集中しましょう。 

最後に、心のよりどころを持ちましょう。たとえば、反応する前に、心を理解すること。そして、慈悲喜捨(じひきしゃ)の心で向き合うこと。慈(慈しみの心)は相手の幸せを願う心。悲(悲の心)は相手の苦しみや悲しみに共感すること。喜(喜の心)は相手の喜び・楽しさに共感すること。捨(捨の心)は欲や怒りの反応に気づいてストップをかける心。心のよりどころを持つことで、悩みや苦しみから解放された人生を歩んでいけます。 

まわりの反応に苦しんでいる方へ!!


終わりに

初版は2015年と古いですが、今でも十分役に立つ内容だと思いました。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。

できる男は超少食

基本情報

タイトル:できる男は超少食

著者:船瀬俊介

発行年月日:2015年4月20日

出版社:株式会社主婦の友社

 

要約

古来、ヨガから仏教、東洋医学、養生法では、例外なく「少食健康法」が説かれています。1999年のサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)の発見により、少食長寿は医学的にも立証されました。(中略)老化は遺伝子の”傷”で起こります。長寿遺伝子が発動すると、全身細胞の遺伝子に”保護層”ができ、活性酸素などから遺伝子を守ります。その長寿遺伝子をスイッチオンにするのはカロリー制限、つまり空腹感だということが明らかになったのです。さらに、消化吸収のために使われるエネルギーが排毒に向けられるため、病気が治ります。病気の元凶”体毒”がデトックスされるのですから当然です。そして、肌が若返ります。若さとともに美しいプロモーションもよみがえるのです。さあ、大食いと超少食、あなたはどちらの人生を選びますか?

(はじめにより引用)

 

この本を読む目的

昼食を抜いたほうが仕事に集中できる気がする。子供のころから一日三食きちんと食べなさいと聞く。どちらが正しいのか知りたい。

 

「できる男は超少食」を一言でいうと

空腹を感じることが健康の秘訣

 

ポイント

一日三食きちんと食べている方へ!!

体の不調・病気は「食べすぎ」が原因と言われています。少食を心掛けるだけで、体の調子は良くなります。脳細胞・神経細胞デトックスされます。頭がさえて、集中力がアップします。内臓や皮膚もデトックスされて、見た目も若返ります。血管もきれいになります。「本当?」と疑ってしまいますが、ちょっと試してみたいとも思ってしまいました。

では、 具体的にはどうすればよいのでしょうか。

一日一食がおすすめです。朝食と昼食を抜いて、夕食は腹八分目にします。夕食は和食がおすすめです。「ひらがな食」「5低食品」など伝統的な和食が理想の食事です。

しかし、一日三食きちんと食べていた人がいきなり一日一食にするのはつらいかもしれません。そういう場合は、まず朝食を抜いて一日二食にしてみましょう。それもつらいという方は、朝食に野菜ジュースやお茶を飲んでも構いません。無理をせず、少しずつ体を慣らしていきましょう。

夜10時から夜中2時までは、成長ホルモンの分泌がピークになり、細胞が生まれ変わるゴールデンタイムです。夜10時には就寝しましょう。就寝の2時間前は食べてはいけません。逆算すると、夕食は夜8時までにすませましょう。

大切なのは「空腹」を感じることです。お腹が「グー」となったら チャンスです。

一日三食きちんと食べている方!!はこちらからご確認ください。
 

終わりに

私は職場では昼食を抜いています。空腹のほうが集中できる気がしますし、昼食をとると眠くなってしまうので 、昼食は抜いています。私がそう感じるだけで、本当に食事を抜くと集中力が上がるのか知りたかったので、この本を読んでよかったです。ただし、一日一食は良くないという意見もありますので、何を信じるかは自分次第です。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。

新型コロナウイルスワクチン接種クーポン券

新型コロナウイルスワクチン接種クーポン券が届きました。接種は義務ではありませんが、「接種しないといけない」という世の中の流れを感じます。厚生労働省のホームページを見ると、「接種を受けるよう努めなければならない」、いわゆる「努力義務」であり、強制ではありません。あくまでも、自分が納得した上で接種することになります。

自分がワクチン接種に納得しているのかというと、まだ納得できていません。納得できていないというか、よく理解できていません。ワクチンを接種すれば、感染リスクや重症化リスクが下がりますが、一方で副反応や短期間で出来上がったワクチンは大丈夫だろうかという不安もあります。インフルエンザワクチンも接種したことがないので、今の自分のなかでは「接種する<接種しない」という感じです。

どうしよう??

 

東京オリンピック TOKYO2020

昨日、東京オリンピックの開会式がありました。

私は見ませんでした。別にオリンピック開催に反対しているからではありません。見たいという気持ちが湧いてこなかったからです。

ところで、東京オリンピックについて疑問があります。

1.なぜ、開会式はあんな遅い時間に始まったのでしょうか。

開会式が始まったのが20時、終わったのは23時過ぎだとか。鉄道会社は終電を繰り上げたりしているのに、なぜ遅い時間に開催したのでしょうか。

日中は暑いからでしょうか?

東京の暑さは尋常ではありません。命にかかわるくらい危険な暑さです。暑さを避けるために遅い時間に開催するのは理解できます。ただ、そもそも、日中に開催できないような場所でオリンピックを行うこと自体どうなのかなって個人的には思ってしまいます。

2.なぜ、開会式前に競技が始まっているのでしょうか。

ソフトボールやサッカーは開会式前に競技が始まっています。オリンピック憲章で開催期間が決まっているからのようですが、開会式の意味がないように思うのは私だけでしょうか。

今回の東京オリンピックは1年延期、コロナ禍、無観客、開幕直前のバタバタなどいろいろありましたが、選手には”暑い”試合ではなく、”熱い”試合を期待します。

トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術

基本情報

タイトル:トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術

著者:浅田すぐる

発行年月日:2015年2月20日

出版社:株式会社サンマーク出版

 

要約

「情報を整理するって、具体的にどうやるのか?」「考えをまとめるにはどうすればいいのか?」「どうしたら伝わるのか?」これらの疑問を一度でも抱いたことがある人には、必ず役立つ技術です。しかも、1枚の紙と緑・青・赤3色のペンがあれば、誰でも簡単に情報を整理し、考えをまとめ、伝える力を高めていくことができます。ぜひ、試してみてください。

(はじめにより引用)

 

この本を読む目的

わかりやすい資料を作りたい。情報を簡潔にまとめたい。

 

トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術」を一言でいうと

テーマを決めて、フレームを作り、情報を書き出して、考えをまとめる。

 

ポイント

わかりやすい資料を作りたい!!情報を簡潔にまとめたい!!方へ

 紙1枚にまとめることで、ページをめくらず、すべての情報が一覧で見ることができ、見る側にとってわかりやすい資料となります。

紙1枚にまとめるには、1.情報を整理する、2.考えをまとめる。

1.情報を整理する

まず「テーマ」を決めます。テーマを決めることで、必要な情報と必要ではない情報を取捨選択できるようになります。

次に、緑のペンでフレームを作ります。フレームを作ると、人は空欄を埋めたくなります。

そして、「テーマ」について思いついた情報を青のペンでどんどんフレームに書き込んでいきます。

2.考えをまとめる

フレームに書き込まれた情報のうち、特に重要なものを赤のペンで囲むなどして、情報を取捨選択します。

ここまでに費やす時間は5分程度。あまり時間をかけすぎないようにします。ダラダラ考えると考えがまとまらなくなりますので、短時間に集中して行います。

 うまくまとまらなくても構いません。短時間の作業なので、うまくできなければ一からフレームを書いて、やり直せばよいだけです。

会議の内容をまとめるときに、頭の中を整理するときに、上司に報告するときに。いろんな場面で使える技術です。

わかりやすい資料を作りたい!!情報を簡潔にまとめたい!!方はこちらへ

 

終わりに

67ページのオリジナルの「1枚」はすぐに使ってみたいと思いました。あらかじめテーマが決まっていて、フレームもできあがっているので、あとは情報を書き出すだけ。汎用性に優れています。気になった方はぜひ読んでみてください。

 

※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。

話を聞かない男、地図が読めない女

基本情報 

タイトル:話を聞かない男、地図が読めない女

著者:アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ、藤井留美訳 

発行年月日:2002年11月1日

出版社:株式会社主婦の友社

 

要約

 男と女の関係を客観的に眺めて、これまでの歴史と、それがどんな意味や重要性を持っていたかを説明し、もっと幸福で充実した人生を実現すること、それがこの本の目的である。(中略)この本で挙げた証拠は、男女は生まれつき異なる行動を「しがち」だということにすぎない。男女のどちらかが、かならず特定の行動を取る、あるいは取るべきだと決めつけるつもりは毛頭ない。

(P28より引用)

 

この本を読む目的

  家でも職場でも女性はよくおしゃべりをしているが、それはなぜか?相手の行動が理解できない。

 

「話を聞かない男、地図が読めない女」を一言でいうと

 男と女は生まれつき違う、という事実を理解する

 

ポイント

相手の行動が理解できない方へ!! 

「なぜ女性はおしゃべりなのか??」

女性は1日平均2万回言葉を発します。一方、男性は1日平均7000回程度。女性の脳では左脳と右脳の両方を使っているから話がうまいし、話すのが楽しいからたくさんしゃべります。しゃべりながら同時にいろんなことを行うこともできてしまいます。 

たとえば、こんなシチュエーションが想像できます。夫が仕事から帰ってくると、妻はひたすらしゃべり続けます。それは、昼間にほとんどおしゃべりをしておらず、2万回言葉を発してないからです。妻がひたすらしゃべるのは、結論や解決策を求めているのではなく、ただ単に言葉を発したいだけなのです。では、こんなとき男性はどうすればよいのでしょうか。それは、ただ聞くだけです。女性がしゃべり終えるまで、ただじっと聞いているだけでよいのです。

男性は女性の行動が理解できないこともあるでしょう。女性も男性の行動が理解できないことがあるでしょう。女性と男性は生まれつき異なる行動をしがちなのです。これを知っているだけで、ムダな摩擦や衝突は避けられるかもしれません。 

  相手の行動が理解できない方!!はこちらへ

終わりに

この本には、自分が男脳か女脳か調べるテストが掲載されていますので、興味がある方は調べてみてください。ちなみに私は「5点」、典型的な男脳でした。こういう人は、「論理的で分析力に優れ、言葉を厳密にとらえ、几帳面で、ものごとを整然と処理する。感情にまどわされず、統計データをもとにコストや結果を正確に予測することができる。」だそうです。なるほど・・・。

 

 ※あくまでも個人的な感想です。本の内容は、必ず本を読んで確認してください。