アサダイ備忘録

~読書ノート・雑記ノート~

血糖値をコントロールして、肥満・老化・病気を防ぐ

『医者が教える食事術 最強の教科書』牧田善二(著)

本書では、あなたがとるべき最強の食事について、最新のエビデンスに基づいて説明していきます。生化学という人間の体のメカニズムにそって、世界中の信頼すべき論文や20万人以上に及ぶ私の臨床経験を踏まえてお伝えしていきますので、その内容は、よくありがちな俗説や自己流健康法、一部の論説を拡大解釈したようなものとはまったく異なっています。本書を読んでくだされば、一時の流行に左右されず、絶対的な食事術を身につけることができます。それによって、「肥満・老化・病気」のすべてに対処することができます。(出典:『医者が教える食事術 最強の教科書』)

 

この本をひと言でいうと、

血糖値をコントロールして、肥満・老化・病気を防ぐ

 

肥満・老化・病気に対処

病気や不調の9割以上は血糖値の問題。気にすることは、カロリーではなく糖質。糖質が血糖値を上げる。バターで焼いた肉を食べても血糖値は上がらない。清涼飲料水を飲めば急激に血糖値は上がる。糖質を減らして、血糖値をコントロールすることが大切。

 

正しい食事法

血糖値をコントロールするには、糖質の摂取法が大切。まずは、糖質の摂取量を減らすこと。とくに夕食は寝る4時間前までにとるようにして、糖質が多い食べ物は食べないようにする。糖質を摂取するときは、食べる順番を「野菜→タンパク質→糖質」にすると、急激な血糖値の上昇を抑えることができる。

 

「正しい食事法」について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

人生最後の1日に後悔しない生き方

『今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?』中村将人(著)

本書では、今まで誰も教えてくれなかった「最後の1日」に後悔しない、本当にやりたいことの見つけ方について、できるだけ具体的な方法を提案していきます。この本がきっかけとなり、みなさんがやりがいにあふれ、充実した毎日を手に入れられる日々が、1日も早くやってくることを願っています。そして、大切なことに気がついた方々が、やがて訪れる「最後の1日」に向かって1日1日を懸命に生きていただけるとしたら、著者として望外の喜びを感じます。(出典:『今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?』)

 

この本をひと言でいうと、

人生最後の1日に後悔しない生き方をする

 

人生最後の1日

著者の中村将人さんは30年の人生の中で、ビル爆発や交通事故などで5回も死にかけた。人生はある日突然、終わるかもしれない。最後の1日は何の前触れもなくやってくるかもしれない。

最後の1日を迎えるその瞬間に、「やりがいのある仕事に打ち込めた」、「本当にいい人生だった」と思えるような人生を送りたい。

 

本当にやりたいこと

自分が本当にやりたいことを見つける。やりたいことを見つけるためには、「お金がないから無理」とか「家族に反対されるに決まっている」などと制約をかけずに考える。

自分がやりたいことをやるだけではなく、自分がやりたいことをやって、喜んでくれる人がいることが大切。これを「やりがい」という。

 

1日1日懸命に生きる

自分がやりたいことが見つかったら、実現に向けて今すぐ行動を開始する。最初は小さな一歩で構わない。まずは一歩踏み出すことが大切。今できることから始めてみる。

 

「人生最後の1日に後悔しない生き方」について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

頭を使いながらノートに書くと、理解が深まり記憶に定着する

『超戦略ノート術』メンタリストDaiGo(著)

このノート術は、次のような人に効力を発揮します。

・成績をアップさせて試験にパスしたい人

・途中で挫折することなく、目標を達成したい人

・学んだ知識を完全に理解して、収入や評価などの結果につなげたい人

本書で紹介するテクニックをマスターすることにより、「見当違いのやり方」を回避し、飛躍的に実力をつけることができます。科学に裏づけられた「本当に効果があるノート術」を学び、それらを戦略的に実践していくことで、あなたは驚くほどの結果を得ることができるのです。(出典:超戦略ノート術)

 

この本をひと言でいうと、

頭を使いながらノートに書くと、理解が深まり記憶に定着する

 

 

見当違いのやり方

「先生が黒板に書いたことをノートに丸写しする。」書き写すことに集中してしまい、講義内容が頭に残らない。自分の頭を使って考えていないから、講義内容が理解できない。

「黒板をスマホで撮影する、講義内容を録音する。」とても有効なやり方に思えるが、黒板を丸写しするのと同様に、自分の頭を使ってないから、理解が進まず、記憶に定着しない。ただ、聞き逃したことをあとで確認するには有効なやり方。

 

本当に効果があるノート術

手書きする。自分の手でノートにまとめると記憶に定着しやすい。

書いた内容を自分の頭を使って考える。黒板を丸写しするのではなく、「重要なポイントは?」「役立ちそうなことは?」など頭を使いながら記録すると、記憶に定着しやすい。

講師の雑談や冗談まで記録する。「マニアックすぎる」、「くだらない」など感情と結びつけておくと、あとから記憶を引き出すときの手助けになる。心が動いた情報はどんなことも記録しておく。

ノートに加筆修正する。ノートを読み返して、分かりにくいところや説明不足なところに情報を書き加える。自分が知っている知識も書き加えることで理解が深まる。

「今日は何を学ぶのか?」、「重要なポイントは?」、「このノートは良いと言えるか?」など自問自答しながらノートをとると、理解が深まり、記憶に定着しやすい。

 

メンタリストDaiGoが提唱するノート術

・オリガミノート・・・学びたいことをクイズ形式にして、日々の学習に使う最強ノート。

・チャンク化ノート・・・複数の知識をひとつのチャンクにまとめることで、知識の応用力が身につくノート。

・WOOPノート・・・ゴールまでの障害を考えて計画する目標達成ノート。短期的な計画に適している。

・後方プランニングノート・・・最終的な目標から逆算して計画を立てるノート。長期的な計画に適している。

 

詳しいノート術は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

統計を正しく使いこなすための基礎知識を学ぶ

『知っておきたい!統計のオモテとウラ』神林博史(著)

この本は、統計や統計学の重要性、基礎的な統計数値を見る上で注意すべきことなど、本格的な統計学の前段階の内容を解説したものです。統計学をきちんと勉強するのは大変そうだけど、統計の基本的なことや大事なことは最低限知っておきたいという方にぴったりの本かもしれません。(出典:『知っておきたい!統計のオモテとウラ』)

 

この本をひと言でいうと、

統計を正しく使いこなすための基礎知識を学ぶ

 

統計学の重要性

統計とは、データを収集して、傾向や特徴を分析すること。データをもとに分析するため、経験や思い込みなどの曖昧なものではなく、確実な証拠に基づいて客観的に分析することができる。統計は国勢調査やプロスポーツなど様々な分野で利用されている。

 

統計数値を見る上で注意すべきこと

統計がすべて正しいとは限らない。定義が間違っていれば統計数値も間違っている。定義とは、集計対象が何かはっきりさせること。

たとえば、マンションの棟数を数える場合、「マンションとは何か」をはっきりさせなければならない。マンションの棟数を数えるのにアパートを含んでは正しい統計数値が出ない。

 

「平均値」はよく使われる統計数値だが、ちょうど真ん中の値になるとは限らない。たとえば、不動産会社A支店の営業5人の今月の営業成績を例にする。

①の場合、5人全員が4件ずつ契約を取れば、平均4件となり、全員がそれなりに頑張ったと言える。

②の場合、A氏ひとりで20件契約を獲得し、ほかの4人が0件でも、平均値は4件となる。平均値は、極端は数値に影響を受け、ちょうど真ん中の値になるとは限らない。統計数値の特徴を理解することが大切。

 

今月の営業成績

    ①   ②

A氏  4件  20件

B氏  4件  0件

C氏  4件  0件

D氏  4件  0件

E氏  4件  0件

平均  4件  4件

 

統計のオモテとウラ

統計はエビデンス(証拠)に基づいて客観的に分析するため、様々な場面で重視されている。しかし、良いことばかりではない。自分に都合の良いデータだけを集めて統計数値を出すこともできる。

 

統計は正しい判断をするための道具である。しかし、世の中には「幸せ」や「人間的成長」など数値化できないものも存在する。数値化しやすいものだけを重視し、数値化できないものを無視すると、正しい判断ができなくなるかもいれない。

 

統計は使い方次第で、有益にもなるし有害にもなりえる。統計の基礎について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

物への執着を断ち切り、シンプルに生きる

『持たない暮らし』下重暁子(著)

敗戦後の日本は、物がなく心は荒れて、人々は物を欲しがり、追いつき追いこせとつくっては捨てた。その結果どうなったか。物は増え、組織はできあがったが、私達は物や社会のしくみに管理され、不自由さと無力感にさいなまれている。

ちょっとよさそうだからと飛びつくのではなく、少しでいい、ほんとうにいいものを知りたい。(出典:『持たない暮らし』)

 

この本をひと言でいうと、

物への執着を断ち切り、シンプルに生きる

 

持たない暮らしとは、物や人から自由になること。物への執着心を断ち切ること。「みんなが持っているから」「流行っているから」「安いから」物を買うのではなく、自分が本当に必要だと思う物を買う。

 

持たない暮らしとは、物を大切にする暮らし。物を増やさない暮らし。余計な物は買わない。ちょっとよさそうだからとすぐに飛びつかない。本当に良いと思ったものを買い、大切に使う。

 

持たない暮らしとは、自分にとって何が必要で、何が必要でないか、自分で考え、自分で決めること。自分にとって「本当に大切なものは何か?」を考える。まわりに流されず、自分で考え、自分で決断する。

 

「持たない暮らし」について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

クリエイティブな働き方で充実した人生を送る

『一生お金に困らないクリエイティブな働き方』長谷川エレナ朋美(著)

もともと私は田舎出身。しかもサラリーマンの共働き家庭で育ち、実家が裕福だったり、経営のノウハウを学べたりする環境でもなく、「セレブ」とはかけ離れた存在だったのです。
そんな私が今のように心から好きな仕事だけをして、過去の自分が理想としていた生活を送れるようになったのは、SHIBUYA109のショップで店員をしていた10代の頃からクリエイティブな働き方をしてきたからです。クリエイティブな働き方とは、難しいことではありません。だって、自分の「好き!」に素直になればいいのですから。(出典:『一生お金に困らないクリエイティブな働き方』)

 

この本をひと言でいうと、

クリエイティブな働き方で充実した人生を送る

 

クリエイティブな働き方とは、他人や世間に流されず自分の頭で考え動き、柔軟に新しいものを生み出す働き方のこと。会社員もクリエイティブに働く。自分が社長のつもりで仕事に取り組む。

 

無駄な作業だと思いながら続けたり、人に言われてから動いたりするのではなく、固定観念にとらわれず、主体的に、柔軟な発想で仕事をすることが大切。

 

自分が心から楽しめること、情熱を持てることを仕事にする。しかたなくやる仕事より、自分が打ち込める仕事のほうが充実した人生を送ることができる。仕事とは人の役に立つこと、人が喜んで自分も楽しめること。お金はあとからついてくる。

 

「どんな生き方がしたいか?」「どんな働き方をしたいか?」自問自答して、自分を知ること。自分がどんな働き方を理想としているか知ること。自分軸を見つけること。

 

「クリエイティブな働き方」について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

自分の表情など気にしたことがなかった

会社員時代のこと。

 

仕事が遅れ遅れになり、日程的に厳しいという話を会社の人としていた。そのとき、「笑っている場合じゃない」と言われた。

 

自分は笑っているつもりがなかった。相手からしたら、自分が笑っているように見えたようだ。自分の表情など気にしたことがなかった。

 

人と話をしているとき、自分はどんな表情をしているんだろう・・・?

手持ちのリソースを有効活用して成果を出す

『ストレッチ 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法』スコット・ソネンシェイン(著)

本当は誰でも、手持ちのリソースで仕事や暮らしをもっと充実させることができる。そのことを知り、実現のための「スキル」や「心の持ちよう」を学んでもらえたらうれしい。目の前の「未開拓の価値」を目一杯活用する方法を身につければ、あなたがこれまで想像もしなかった可能性が、次から次に開かれるに違いない。(出典:ストレッチ 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法)

 

この本をひと言でいうと、

手持ちのリソースを有効活用して成果を出す

 

ストレッチとは、手持ちのリソースを有効活用して、優れた成果を出す考え方のこと。リソースとは、人材、資金、ツールなど。「仕事を早く終わらせたければ人を増やす」「優れたものを作るには優れた機械を導入する」ではなく、手持ちのリソースを有効活用して成果を出す。

 

そのためには、「優れた成果=豊富なリソース」という考え方から「優れた成果=リソースの有効活用」という考え方に変える(ストレッチマインド)。手持ちのリソースの価値を見いだし有効活用する。

 

新しいことをやろうとするときに「ないからできない」ではなく、「どうすれば手持ちのあるものでできるか」を考えることが大切。

 

「少ないリソースで成果を出す方法」について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

世の中にはこんな人もいる

自分は物静かな性格で、人づきあいが苦手。

 

会社員時代のこと。会社の忘年会に参加した。まわりは会話と食事を楽しんでいる。自分はあいづちを打つだけ。黙々と食べている。

 

「つまらない・・・」

 

自分に話を振ってくれる人もいる。つまらなそうにしている自分に気づいて、空気を読んで話しかけてきてくれたのかもしれない。でも、自分は話をするのが苦手。できれば、ほっといてほしい。

 

相手は良かれと思って、話を振ってくれたのだと思う。悪気がないのは分かる。けど、ほっといてほしい。トイレに行くフリして、しばらく離席してしまった。その場に居続けるのがつらく、息苦しくなってしまった。

 

忘年会に参加しなければいいのでは・・・?

 

その通りだと思う。忘年会に行かなければ、こんなつらい気持ちにはならない。でも、会社に勤めている以上、つきあわない訳にはいかない。非常識に思われるかもしれないけど、コロナで飲み会がことごとく中止になったときはうれしかった。

 

人づきあいは疲れる。一人でいると気持ちが楽になる。みんなでおいしいものを食べるより、一人でカップラーメンを食べているほうが幸せ。

 

世の中にはこんな人もいるんだ、と思ってもらえると気が楽になる。

「どうしたらできるか」「前向き」がやる気のスイッチ

『やる気のスイッチ!』山﨑拓巳(著)

面倒な予定が入ってしまって、やる気が出ない時に。「やる気を出せ」と言われて、やる気が出ない時に。失敗して自信をなくして、やる気が出ない時に。トラブル続きで、やる気が出ない時に。理由もなく、やる気が出ない時に。毎日刺激がなくて、やる気が出ない時に。仕事がたまりすぎて、やる気が出ない時に。望んだ結果が出なくて、やる気が出ない時に。どうしようもない問題を抱えて、やる気が出ない時に。(出典:『やる気のスイッチ!』)

 

この本をひと言でいうと、

「どうしたらできるか」「前向き」がやる気のスイッチ

 

人間は現状維持を好む傾向がある。今の状態を維持するのが居心地よく感じる。新しいことにチャレンジをする機会があっても、「自分にはできない」「自分には無理」と制限をかけてしまいがち。

 

一方で、人間は飽きやすく、同じことを続けることで慣れてしまい、やる気がなくなってしまう。「自分にはできない」と制限をかけず、「どうしたらできるか」を考えることが大切。

 

人間はものごとをすべて自分のフィルター(心)を通して見ている。同じものを見ていても、見る人によって感じ方は異なる。自分の心が前向きなときはどんなこともプラスに感じとり、後ろ向きなときはどんなこともマイナスに感じてしまう。心を前向きに持つことが大切。

 

心を前向きにするには、自分が成功したイメージをすること。人間の心はイメージしたことを実現させようと無意識に力を働かせて、体を反応させる。自分が成功したイメージをすることが大切。

 

「やる気のスイッチ」について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

「小さな習慣」が「本当の習慣」になる

『小さな習慣』スティーヴン・ガイズ(著)

小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動です。”小さすぎて失敗すらできない”ものなので、気軽に取り組むことができ、それでいてびっくりするほど効果があるため、新しい習慣を身につけるには最適な方法と言えます。(出典:『小さな習慣』)

 

この本をひと言でいうと、

「小さな習慣」が「本当の習慣」になる

 

小さな習慣とは、習慣にしたいと思っていることをばかばかしいと思うくらい小さい形にして毎日続けること。「腕立て伏せを1回する」、「本を1ページ読む」など「こんなに簡単でいいの?」と思えるくらい小さな課題を自分に与える。これを毎日繰り返す。

 

小さな習慣は達成率100%を目指す。どんなにやる気がなくても、どんなに疲れていても必ず行う。ばかばかしいと思うくらい小さい形にすることで、ほとんどやる気は必要ない。

 

「腕立て伏せを1回する」という目標を立てて、腕立て伏せを10回やっても構わない。やる気がなくて1回しかできなくても、「腕立て伏せを1回する」という目標はクリアしているから目標達成とする。

 

「腕立て伏せを1回する」だけで何の意味がある?と思うかもしれないが、モチベーションが生まれる。いったん始めるとモチベーションが生まれ、ほとんど目標より多い回数をこなすことになる。小さな習慣が本当の習慣になる。

 

「小さな習慣」について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

脳の抑制を外して、すぐ行動できる人になる

『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』茂木健一郎(著)

「いつからか、処理すべき案件が増えてきた気がする。」「いくらやっても終わらないし、気がついたら一日が終わっている。」こんな悩みを抱えているビジネスパーソン、結構多いんじゃないでしょうか。

いったいどうしたら、こんな状況からスッキリと抜け出せるのか。本書では、この問題に脳科学の見地から踏み込んでいきたいと思いますが、まずその前提として、みなさんにお伝えしておきたいことがあります。それは、これからの社会でビジネスパーソンが仕事で結果を出していくためには、「すぐやる脳」が必要だということです。(出典:『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』)

 

この本をひと言でいうと、

脳の抑制を外して、すぐ行動できる人になる

 

すぐ行動できない人は、脳の抑制が利いてしまい、決断や行動にブレーキをかけてしまっている。これから特別なことをやると意識してしまうと、身構えてしまって行動に移せない。他人と比べて「自分には無理」とブレーキをかけてしまう。「失敗したらどうしよう」とリスクを恐れて行動できなくなってしまう。

 

真面目な人に、すぐ行動できない人が多い。「~してはいけない」、「まわりの人は~」、「普通は~」などルールや常識を守ることが脳の抑制となり、行動にブレーキをかけてしまう。

 

すぐ行動するには脳の抑制を外すこと。「すぐやる脳」とは、「抑制」が外れて軽やかに動く頭脳のこと。「すぐやる脳」はビジネスパーソンに必須。脳を鍛えて、自分を変えて、仕事で結果を出せる人を目指す。

 

「すぐやる脳」について詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

コインランドリーで洗濯

洗濯をしたい。でも、家に洗濯機がない。コインランドリーに行くことにした。

 

家の洗濯機置き場は、二層式洗濯機サイズの防水パン。全自動洗濯機が置けない。二層式は音や振動が気になるから置きたくない。仕方がないからコインランドリーに行くことにした。

 

1週間分の洗濯物を持って、家から徒歩3分のコインランドリーへ。下着や靴下は洗濯ネットに入れた。洗濯開始後は、一旦帰宅。60分後、洗濯物を取りにコインランドリーへ。

 

乾燥まで終わっているから、すぐに着ることができて便利。

洗濯物はコインランドリーで畳むことができず、持ち帰っている間にくちゃくちゃになるから注意。

洗濯ネットに入れたものは、若干乾燥があまい。濡れてる感がある。

頻繁にコインランドリーに行けないから、洗濯物が溜まってしまう。

 

やはり洗濯機がほしい。できれば、乾燥までできる洗濯機がほしい。

「好き」を仕事にする10のビジネスモデル

『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』山口揚平(著)

「好き」を仕事にしたい君に、とっておきの知識をシェア!レールから外れるのが怖い?でも僕らの乗ってるレールなんて、どうせもう壊れてるんです!独立したい人も転職したい人もニートの人だって、「好き」で「食う」ことさえできたら、それが幸せな生き方じゃないですか?

でもそれにはコツがいるんです。大切なのは「何をやるか」ではなく「どうやるか」。どう提供するかにこだわれば、僕らの道は開けます!誰でもすぐ実践できる、10のビジネスモデルを知って「好き」を仕事にしよう。(出典:そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか)

 

この本をひと言でいうと、

「好き」を仕事にする10のビジネスモデル

 

終身雇用は崩壊し、ロボットやAIが発達し、仕事はどんどん減っていくかもしれません。これからは会社を辞めても食べていける力が必要な時代になる。

 

「好き」を仕事にする

社会のレールとは、勉強して大学に入って、大手企業に就職して昇進する、という道のこと。しかし、大手企業で部長・課長に昇進できるのは3%。ほとんどの人は社会のレールから外れてしまう。であれば、もっと自由に生きよう。自分の好きなことで社会貢献して、そのお金で食べていく生き方をしよう。

 

「好き」で「食う」コツ

バリュー、システム、クレジットの3要素が必要。バリューとは、スキルや商品の価値のこと。システムとは、稼ぎの土台(プロフィットモデル)のこと。クレジットとは、信用のこと。「何をやるか」より、「どうやるか」「どう提供するか」が大切。

 

本書には、「好き」なことで「食う」ために使える10のビジネスモデルが紹介されている。詳しく知りたい方は本書をご確認ください。

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています

マルチポットで米を炊いてみた

白米が食べたい。でも、家に炊飯器はない。電子レンジもない。マルチポットはある。

 

マルチポットとは、「焼く」、「炒める」、「煮る」、「茹でる」、「揚げる」、「炊く」、「沸かす」と、なんでもできる万能な鍋のような調理器具。

肉を焼いたり、ラーメンを作ったり、焼きそばを作ったり、味噌汁を作ったり、米を炊いたり、お湯を沸かしたりできる。

自分が持っているのは、ティファール(T-fal)のマルチポット。

 

試しにマルチポットで米を炊いてみた。一人分だから1合の米を用意。自分が炊いた手順は以下のとおり。

 

1.米を洗う

無洗米を買ったが、軽く洗う。

 

2.水に浸す

米を水に30分浸す。

 

3.米を炊く

水を捨て、200mlの水を入れる。

米は平らにする。

マルチポットは蓋をする。

加熱開始。火加減はIHコンロ6段階のうち「4」で、沸騰するまで加熱する。

ぶくぶくと沸騰してきたら、火加減を「1」にして10分加熱する。

 

4.米を蒸らす

加熱を止めて、15分蒸らす。

 

5.完成

15分経ったら完成!

 

少し柔らかめの出来栄えになった。芯は残ってない。納豆をかけて、美味しくいただいた。

マルチポットでも米を炊くことはできる。火加減に注意したり、時間を気にしたり、手間はかかるが、思ったほど難しくはない。炊飯器で米を炊いたほうが楽だと思う。

 

参考

www.wahei.co.jp

※本ページはアフィリエイトによる収益を得ています